サイトマップ

カードローンならフリーに使える利便性がある

カードローンは事業性の資金を除けば自由に使えるローンとなるため、買い物のための借り入れであるとしても、何らかの生活費のための借り入れだとしても、用途は制限されません。その代わりに金利が高いなどのデメリットもありますので、よく考えて使う必要があります。



ただ、カードローンを借りるなら消費者金融よりも銀行の方が金利が低い場合が多いので、なるべくなら銀行カードローンを使うようにすると、金利が高いデメリットはいくらか解消される可能性があります。

カードローンで借金をまとめよう

お金が足りなくなるたびに節約や生活の見直しなどはせず、消費者金融からお金を借り続けた事で借金が増え利息の支払だけでも返済が厳しくなってきているというような窮地に立たされている方も少なくありません。借金の返済額と返済の手間を減らす為にすべき事と言えば、カードローンへの乗り換えです。

キャッシングなどよりは金利が多少低く、限度額も高くなっているので借り換えがおすすめです。借り換えて借金を1つにまとめる事により金利のばらつきもなくす事が出来ますし、返済先が1つになるので毎月の返済の手間も最小限に抑えられます。借換相談に乗ってくれる金融機関もありますから、まずは借換相談から始めてみるべきです。

相談は利用前でも、もちろん無料で受ける事が出来ますし、相談会などを開催しているカードローン会社もあります。借換前と借換後の変化などこういった事についてもきちんと説明してくれますから比較検討する事が出来ます。利用する場合には審査を受けなくてはなりませんが毎月収入が入ってきている場合は、よほどの事がなければ審査で落とされる事はありません。

借金を少しでも減らして生活を楽にしたい場合や、終わらない返済に悩んでいる方は出来る事から始めるべきであります。

様々な使い方が出来るカードローン

カードローンは他社からの借り換えやおまとめにも使える良さがあります。借り入れをまとめられれば返済が楽になり、今後の支払う利息も大きく削減出来るようになります。おまとめ対応のカードローンは、やはり銀行が多いので、しっかりと見ておきましょう。

おまとめにも対応しているカードローンはオリックス銀行カードローンで初めてのおまとめ

マイカーローンで無理なく返済するには
マイカーローンでは借りたお金が多いほど、金利が高いほど、返済期間が長いほど利息の出費が増えます。出来るだけ目的以上に借りない、金利が低いマイカーローンを選ぶ、返済期間を短くするが利息分を抑えるポイントです。マイカーローンでは毎月の返済に加えてボーナス払いもご用意されています。まとまった資金を借りて長期間返済を続けていきますので、ボーナス払いも積極的にご利用されると良いです。

マイカーローンを提供している金融機関ではホームページで返済シミュレーションをご用意しています。借入額やボーナス返済割合、金利などを入力すると、毎月の返済額や総返済額などが自動で計算されます。ボーナス返済割合の%が大きいほど返済期間が短くなり利息のお支払を減らせます。

ただボーナスをあてにした返済計画を立てていると、万が一不況でボーナスカットされると大変です。たとえボーナスがカットされても十分返済が続けられるようにボーナス返済割合の%はあまり大きくしない方が良いです。毎月の返済額は生計費や車の維持費も考えると、月収に対して20%程度に収めると返済が続けやすいと言われています。返済シミュレーションでこの範囲までに収まる余裕を持った返済計画が大事です。

目的が決まっているならローンを組む
車の購入や教育資金など、用途が明確に決まっているなら目的ローンを組むべきです。目的のあるローンの方がカードローンよりも条件が優れるためであり、借りる際にもよくマイカーローンを比較して金利で選ぶようにすれば、より好条件で借りられるようにもなります。